logo.gif   競技記録
第13回全国障害者スポーツ大会   会期:2013年10月12日(土)〜14日(月)

団体競技記録 - バスケットボール
TOP >> 女子バスケットボール

Pdf_small バスケットボール女子トーナメント表.pdf
@1回戦
愛知県 111 14 - 10
21 - 6
29 - 4
47 - 2
大阪市 22
 女子1回戦、愛知県対大阪市。愛知県はオールコートマンツー、大阪市は2−1−2ゾーンで始まる。愛知#9のミドルシュートで 先制するも、その後膠着状態。開始3分過ぎ、愛知は#8のミドル#14ポスト#5ミドルで点数を重ねるが、大阪は#4のミドルとゴール下を 決め追いすがり1Q、14対10で愛知リード。
 2Q、開始3分愛知も大阪も攻撃になかなかリズムが生まれない。愛知タイムアウト。その後、#15、#13のゴール下、#9、#8のドライブからの シュートが連続で決まり大阪を突き放し2Q、35対16で前半を終了。
 後半、愛知2-1-1-1のゾーンプレス。このディフェンスが決まりターンオーバーから、愛知#13が連続シュートでリズムが生まれ、 #15のポストプレーで突き放す。大阪は7分間得点が取れず、3Q64対対20で大きくリードして終了。
 4Q愛知はオールコートマンツーでプレッシャーをかけ攻撃の手を緩めない。大阪も最後まであきらめず戦ったが、愛知は全員が ゴールに向う姿勢で戦い、111対22の大差で愛知が準決勝にコマを進めた。
Pdf_small バスケットボール女子C2.pdf

ページの先頭へ

A1回戦
岡山県 26 9 - 22
4 - 25
6 - 18
7 - 18
神奈川県 83
 女子1回戦。岡山県、神奈川県ともにゾーンディフェンスで始まる。神奈川県#9のP、#5の3Pでリードする。岡山県#4の 3Pで反撃。神奈川県終始リバウンドで有利にたち1Q、9−22で神奈川リード。
 2Q、神奈川県マンツーマンディフェンスであたりを強くし、ボールをとり、得点につなげていく。#4、#5、#13の3P決まる。 岡山県#4シュート決めるが13−47で神奈川県が差をひろげた。
 3Q、神奈川県#5のドライブイン、3Pが決まる。インサイドへのパスもとおりペースを崩さず攻め続ける。岡山県パスが 通らず、自分たちのペースをなかなか掴めない。神奈川県メンバーを大幅に変えても得点はおちず、19−65神奈川県リードで終わる。
 4Q、神奈川県大きくリードしていることもあり、終始落ち着いてプレーをする。ドライブイン、アウトサイドからのシュート、 インサイドへのパスなど多彩な攻撃をくりひろげる。岡山県タイムアウトをとり反撃しようとするが得点につながらない。 神奈川県ディフェンスの強さ、 多彩な攻撃パターン、リバウンドの強さなど終始有利に試合を進め、26−83で神奈川県が勝利した。
Pdf_small バスケットボール女子D2.pdf

ページの先頭へ

B1回戦
沖縄県 30 10 - 27
11 - 20
5 - 35
4 - 24
秋田県 106
 沖縄4,6,7,8,10 3−2ゾーン、秋田4,6,7,8,15 マンツーマンでスタート。秋田が先制。すぐに福岡も点を取り返すが、 秋田bW奈良のスティールから自ら速攻に持ち込み8−2となったところで沖縄1回目のタイムアウト。直後沖縄bV幸地が速攻で ファウルをもらい頑張りを見せるがその後攻撃が単調となり、秋田13齋藤が連続してドリブルシュートを決め18対4と点差を広める。 沖縄もbVが3連続シュートを決めるが、秋田はゴール下を頑張り27―10とリードして第1Q終了。
 第2Q 沖縄はbVにボールを集め攻撃の糸口を模索するが、沖縄11宇良のアウトシュートなど単発でシュートが決まるだけとなり 点差が広がる。秋田は6 今野、8の頑張りで徐々に点差を広げ、残り3分を切ったところで45―15と点差を広げる沖縄7が 連続2本のシュートとスティールを続け追い上げを見せるが47−21で秋田リードで前半終了。
 後半は福岡11のアウトシュートで始まる。身長差に勝る秋田は6がリバウンドを頑張りシュートを決める。残り6分半で58−23 となったところで沖縄1回目のタイムアウト。秋田はエンドからのスローインもフォーメーションプレイを行うなど多彩なプレイを見せる。 秋田は13齋藤15矢野の厳しいディフェンスで相手のパスミスを誘い、3分間で連続6ゴールを奪い点差を広げる。一方の沖縄も7が頑張りを見せ、 バスケットカウントからのフリースローを決めるが攻撃が単発となり82−26で3Q終了。
 第4Q沖縄はゾーンディフェンスで秋田の攻撃を抑えようとするが代わって入った秋田9谷が積極的なリバウンドやポストプレイで 得点を重ねる。沖縄はディフェンスの足も止まり、リバウンドも取ることができなくなり秋田に点数を重ねられる。最後は選手層の 厚い秋田県が106対30で明日の2回戦に駒を進めた。
Pdf_small バスケットボール女子E1.pdf

ページの先頭へ

C準決勝
東京都 92 22 - 15
28 - 12
24 - 10
18 - 13
愛知県 50
 1Q東京都オールコートマンツーマン、愛知県ハーフマンツーマンで始まる。東京♯7のミドル、♯10の連続3Pで得点を重ねる。 硬さの見える愛知県は攻めきれず、開始3分13−2と東京都リード。愛知県♯6オフェンスリバウンドから得点すると、硬さが取れて ♯9のドライブインなどで加点する。開始4分16−6両チームパスミスなどで、ここから点の取り合いとなり、1Q終わって22−15東京都リード。
 2Q東京都オールコートマンツーマン、愛知県は2−3のゾーン。東京都、♯6速効♯10連続3Pなどで突き放しにかかる。残り5分40-19と なったところで愛知県タイムアウトを取るも、東京都の速効で点差が開く。愛知県は、東京都のディフェンスを攻めきれない。 速さに勝る東京都は残り2分46−21と25点リードする。愛知県も頑張って♯14のシュートなどで得点するが、大量リードで 落ち着いて得点を重ねた東京都が23点差で前半を終了。
 後半に入って東京都2-2-1のプレスから2−3ゾーン、愛知県オールコートマンツーマンで始まる。東京都は速攻から得点を重ね 残り5分65-29愛知県は東京都のプレスディフェンスを攻めきれず、点差が開く。残り3分東京都が36点差つけて余裕を持って試合を進める。 74−37東京都大量リードで3Q終了。
 4Q東京都はメンバーを替えて1-2-2のゾーン、愛知県マンツーマンで始まる。両チームミスが多く、シュートが決まらないまま 試合が進む、残り5分82-46愛知県は、最後までリズムに乗れず、東京都の速さが目立つ試合だったが、愛知県の最後まで頑張っている 選手たちを称えたい。92-50東京都の勝利。
Pdf_small バスケットボール女子C4.pdf

ページの先頭へ

D準決勝
神奈川県 67 16 - 13
15 - 10
17 - 14
19 - 14
秋田県 51
 準決勝、神奈川県対秋田県。神奈川県はオールコートプレス、秋田県はゾーンで試合を始める。秋田県は相手のディフェンスに うまく対応して得点を重ねる。一方の神奈川県は序盤こそシュートに苦しんだが#5の3Pで逆転に成功。神奈川県のリードで1Qを終える。
 2Q、秋田県は#9らのインサイドを中心とした攻撃で逆転に成功する。しかし、クォーター終盤に神奈川県が連続でシュートを決め、 8点差にリードを広げて前半が終了する。
 後半、神奈川県は堅いディフェンスからの#13のシュートで点差を広げる。対して秋田県#13の速攻でくらいついていく。 両者の間で一進一退の攻防が繰り広げられ、3Qは神奈川県が11点リードで終わる。
 4Q、序盤は両者ともシュートがなかなか決まらないまま試合が進む。しかし、ここから#13、#5の得点で一気に流れをつかみ 大きくリードを広げる。秋田県も速攻やインサイドを中心に反撃を目指すも点差を縮めることがかなわないまま試合が終了。
 神奈川県が67−51で決勝戦へと進んだ。
Pdf_small バスケットボール女子D4.pdf

ページの先頭へ

E交流試合
大阪市 10 4 - 13
6 - 13
岡山県 26
 女子交流戦。交流戦は10分、2クオーターでおこなう。大阪市、岡山県ともにゾーンディフェンスで始まる。はじめ両者とも アウトサイドからのセットシュートをきめる。岡山県#4の3P決まりリード。フリーシュート、レイアップシュートきまり差を広げていく。 大阪市ゴール下パスは通るがゴール決まらず。1Q、4−13で岡山県リード。
 2Q、岡山県はじめから#4の3Pきまり、1Qのリズムを保っていく。大阪市#4のゴール下でのシュートで追い上げるが差を つめることができない。岡山県#4から#5へのパスとおりシュート決める。交流戦ということもあり、試合は淡々と進んだ。
 全体的に岡山県のシュートの精度が大阪市を上回り、10−26で岡山県の勝利となった。
Pdf_small バスケットボール女子D5.pdf

ページの先頭へ

F交流試合
岡山県 51 20 - 10
31 - 0
沖縄県 10
 交流戦、岡山県対沖縄県。岡山県はマンツーマン、沖縄県はゾーンで試合を始める。岡山県はディフェンスでは厳しいマークで 相手のミスを誘い、オフェンスでは#4を中心として得点を重ね、有利に試合を運ぶ。沖縄県は#7が相手のファウルを引き出しつつ 得点する。前半を終えて岡山県が10点のリード。
 後半、岡山県は#5をはじめとしてバランスの良い攻撃を見せ突き放しにかかる。これに対して沖縄県は積極的にシュートを放つも 岡山県の堅い守りの前に得点を決めることができなかった。
 終始主導権を握った岡山県が51対10で勝利した。
Pdf_small バスケットボール女子D6.pdf

ページの先頭へ

G交流試合
沖縄県 20 6 - 8
14 - 22
大阪市 30
 女子交流戦、岡山県との対戦を終えた同士の戦い。1Q大阪市は#4,5,6,7,11沖縄県は#4,7,6,8,10で開始。 ディフェンスはお互いにゾーン。開始2分沖縄#7の速攻が決まり初得点。大阪市は攻め込むもシュートで終われないオフェンスが続く。 3:13大阪市#11の綺麗なジャンプシュートが決まり同点。その後#7が連続ジャンプシュート、#11のレイアップが決まる。 攻守交代しながら8−6と大阪市リードで1Q終了。
 2Qは沖縄県が先制して同点となる。大阪市は#4のゴール下#5のフォローアップが決まる。沖縄県も#7のステップイン、 ジャンプシュートで巻き返す。一進一退な攻防もよく走り込む大阪市の速攻が目立つ。残り5分を切って20−16と大阪市が4点リード。 残り4:17沖縄県がタイムアウト。タイムアウト後、互いにゴールを決めるも大阪市ペース。走り勝った流れで大阪市が30−20で 勝利した。沖縄県は#7の力強いドライブイン、正確なジャンプシュートが光った。
Pdf_small バスケットボール女子D7.pdf

ページの先頭へ

H3位決定戦
愛知県 49 8 - 22
15 - 14
8 - 21
18 - 15
秋田県 72
 女子3位決定戦。愛知県対秋田県。愛知、秋田県ともにゾーンでスタート。愛知ゾーンプレスをするも秋田は冷静にボールを運び #6の連続ポイントで得点を重ねる。開始4分愛知オールメンバーチェンジをしたが流れは変わらず。1Qは22対8。
 2Q愛知、果敢にドライブで攻めるもシュートが決まらず。秋田は、#6#9のオフェンスリバンドを確実に決めリードを広げる。 6分過ぎ、愛知#9のドライブからの攻撃でリズムをつかみ追い上げ、2Qは36対23で終了。
 後半、愛知オールコートマンツーするも秋田は落ち着いてボールを回しシュートにつなげ得点する。秋田の高さに愛知は攻めあぐみ 得点が増えない。じりじりと離され57対31で3Q秋田リードで終了。
 4Q愛知#13の気持の入ったプレーでシュートを決め点差詰めるが、秋田は終始オフェンスリバンドを獲得し得点につなげる。 最後は全員出場した秋田が72対49で勝利をおさめた。
Pdf_small バスケットボール女子D8.pdf

ページの先頭へ

I決勝戦
東京都 60 10 - 11
17 - 18
19 - 20
14 - 16
神奈川県 65
 決勝戦、東京都対神奈川県。東京都はゾーンディフェンス、神奈川県はオールコートマンツーマンディフェンスで試合を始める。 序盤、東京都はミスが多くなかなか得点に結びつかないのに対し神奈川県は#5を中心とした攻撃で試合を有利に運ぶ。 しかし、東京も次第に立て直して両チームとも譲らない展開で神奈川県の1点リード1Q終了。
 2Qに入っても競った試合が続く。神奈川県は#4がファールトラブルでベンチに下がったのを機に東京は#14の得点で流れをつかみ逆転に成功。 しかし神奈川県も#9がインサイドで強さを見せてリードを取り戻し、2点リードして前半を終えた。
 後半、東京都は8連続得点で一気に逆転する。しかし、タイムアウトを取った神奈川県は流れに乗り出し、#5のシュートで再逆転する。 対する東京もくらいつき、3点を追う展開で3Q終えた。
 4Q、神奈川県は#9のシュートで点差を広げていく。追いつきたい東京は序盤こそミスがかさむも#7らのシュートで3点差まで 追い付く。しかし神奈川県は巧みな試合運びでそれ以上の追随を許さず、65対60で優勝を決めた。
Pdf_small バスケットボール女子D9.pdf

ページの先頭へ


大会競技記録トップページに戻る

スポーツ祭東京2013のページに戻る