logo.gif   競技記録
第13回全国障害者スポーツ大会   会期:2013年10月12日(土)〜14日(月)

団体競技記録 - フットベースボール
TOP >> フットベースボール

Pdf_small フットベースボールトーナメント表.pdf
㈰1回戦
岩手県 11 埼玉県 10
 岩手県 準決勝進出
 2回まで同点できた試合、3回表で岩手県は佐々木の本塁打などで4点を追加し埼玉県を引き離し勝敗を決定した。
 一方、埼玉県は4回裏に3点を入れたものの逆転にならず1回戦敗退した。
Pdf_small フットベースボールA1.pdf

ページの先頭へ

㈪1回戦
熊本県 2 静岡県 13
 静岡県、熊本県に大差で圧勝
 静岡県は、1点を追う2回裏にこの回先頭の7番海野・8番中山が連続安打を放ち、9番柿澤の犠飛で同点にし、1番阿部も 安打一死一・二塁の好機に2番日吉の三塁打で逆転した。続く3回にも2番日吉の本塁打などで5点を奪い圧勝した。
 一方熊本県は、初回3番丸の本塁打で先取点を挙げ好スタートを切ったがフライ・ライナーが多く残念であった。
Pdf_small フットベースボールB1.pdf

ページの先頭へ

㈫1回戦
東京都 13 神戸市 1
 東京都 大量得点で圧勝
 東京都は、初回から得点し、攻撃の手を緩めなかった。
 一方、神戸市は、3回に1点返すにとどまった。
Pdf_small フットベースボールA2.pdf

ページの先頭へ

㈬交流試合
熊本県 7 埼玉県 3
 熊本県 伊藤選手の本塁打で接戦を制す
 熊本県は、4回に同点に追いつき5回の表、一死後3番丸が安打で出塁し、4番の大瀬が本日2本目の本塁打で逆転に 成功して交流戦を勝ち進んだ。
 一方埼玉県は、初回菊地の二塁打などで3点を奪ったが、その後得点できずに涙を飲んだ。
Pdf_small フットベースボールB2.pdf

ページの先頭へ

㈭交流試合
熊本県 13 神戸市 0
 熊本県 交流戦優勝
 熊本県は1回表、1番の伊藤が内野安打で出塁し4番の大瀬の本塁打で2点を先取した。その後も毎回得点し神戸市を引き離した。
 一方、神戸市は、安打で出塁するも得点に結びつかず敗退した。
Pdf_small フットベースボールA3.pdf

ページの先頭へ

㈮準決勝
岩手県 8 山口県 11
 山口県猛攻撃で岩手県を封じる
 1回裏山口県は打撃が炸裂し一挙7点を先取した。5回表まで、岩手県に3点差まで追い上げられるものの、その裏山口県は3点を返し岩手県を引き離した。
Pdf_small フットベースボールA4.pdf

ページの先頭へ

㈯準決勝
静岡県 7 東京都 8
 東京都逆転勝利で決勝へ
 東京都は、3対7で迎えた3回裏に3点を返して1点差とした。4回にも1点を加え同点として、5回も表を守り抜き、最終回先頭の5番仲二見が二塁打で出塁、続く6番三澤の右前安打で無死一・三塁の好機に7番依藤が中間安打で仲二見が還りサヨナラゲームで決勝へ駒を進めた。
 静岡県は、1・2回に3点ずつを取り試合をリードしていたが、4・5回の得点ができなかったのが残念だった。
Pdf_small フットベースボールB3.pdf

ページの先頭へ

㉀決勝戦
東京都 18 山口県 6
 東京都、打線の勢い止まらず優勝
 東京都1回表に加藤の二塁打などで4点を先取。2回表には、森本の本塁打、仲二見友二の三塁打など安打連発で一挙8点を入れた。
 一方、山口県は2回裏連打で3点を返した。その後も東京都は仲二見友弘の本塁打などで山口県を引き離し、優勝を決定的にした。
山口県は、4回裏には瀬畑の本塁打、山田の三塁打で3点を追加し追い上げた。しかし、東京都がチーム一丸となる堅い守備で、優勝を手にした。
Pdf_small フットベースボールA5.pdf

ページの先頭へ

㈷3位決定戦
岩手県 2 静岡県 17
 静岡県大量得点で3位に輝く
 静岡県は、初回から得点を続け大量得点で3位の座を勝ち取った。初回1番阿部が出塁して一死後3番匂坂の三塁打で先取点を挙げ、その後も毎回得点で圧勝した。
 岩手県は、5回に2点を入れたが静岡県のパワーに押し切られた。
Pdf_small フットベースボールB4.pdf

ページの先頭へ


大会競技記録トップページに戻る

スポーツ祭東京2013のページに戻る