本文へジャンプ

トップページ > 実施競技の紹介 > 第13回全国障害者スポーツ大会 > 正式競技 > フライングディスク

フライングディスク

正式競技へ戻る

概要

フライングディスク

身体障害のある選手と知的障害のある選手が出場する競技です。

樹脂製のディスク(円盤)を10回投げ、円形の標的の内側を通過した枚数を競う「アキュラシー」と、ディスクを3回投げ最も遠くへ飛んだ距離を競う「ディスタンス」の2種目があります。

アキュラシーは、標的までの距離が5mの「ディスリートファイブ」と標的までの距離が7mの「ディスリートセブン」があります。障害の程度にかかわらず、すべての障害者が同じ条件で競い合う競技です。
ディスタンスは、男女別に立位(立って投げる)と座位(車椅子などに座って投げる)の4区分に分かれて競技を行います。

アキュラシーには集中力が、ディスタンスにはディスクの回転のさせ方と投げる角度が勝敗の決め手になります。安全性が高く、誰でも容易に楽しむことができます。

ぎふ大会で、東京都選手団は、金メダル5個、銀メダル6個、銅メダル7個、計18個のメダルを獲得しました。

競技会場・競技日程

区市町村 種別等 競技日程 競技会場施設
世田谷区 身・知 10月12日(土)~14日(月) 駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場

ページトップへ

スポーツ祭東京2013実行委員会事務局

〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 オリンピック・パラリンピック準備局 スポーツ推進部内
TEL:03-5388-2497 FAX:03-5388-1251

© 2010 Sports Festival in Tokyo 2013 Executive Committee. All rights reserved.