本文へジャンプ

トップページ > 実施競技の紹介 > 第13回全国障害者スポーツ大会 > 正式競技 > フットベースボール

フットベースボール

正式競技へ戻る

概要

フットベースボール

知的障害のある選手が出場する競技です。

男女を問わず1チーム15名以内で構成され、競技は9名で行います。DP制と呼ばれる、打撃専門の選手を採用する場合は10名です。

ゴム製のサッカーボールを使用して競技を行います。ピッチャーは両手でボールを転がして投球し、キッカーはそのボールを蹴り走塁します。蹴った後のボールの扱いについては、ソフトボールのルールを基本とします。

また、守備側がピッチャーズサークル内でボールを保持すると、ランナーの進塁がストップされる「停止球」というルールもあります。このため、いかにピッチャーズサークルまでボールを運ぶかが守備のポイントになります。

パワフルなキックはもちろん、停止球のルールにより、チームの連携、駆け引きが求められる守備のプレーも見所です。

ぎふ大会では、東京都チームは準優勝しました。

競技会場・競技日程

区市町村 種別等 競技日程 競技会場施設
練馬区 10月12日(土)~14日(月) 都立光が丘公園野球場

ページトップへ

スポーツ祭東京2013実行委員会事務局

〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 オリンピック・パラリンピック準備局 スポーツ推進部内
TEL:03-5388-2497 FAX:03-5388-1251

© 2010 Sports Festival in Tokyo 2013 Executive Committee. All rights reserved.