本文へジャンプ

トップページ > 実施競技の紹介 > 第13回全国障害者スポーツ大会 > オープン競技 > 精神障害者フットサル

精神障害者フットサル

オープン競技一覧へ戻る

概要

精神障害者フットサル

精神障害のある選手が出場します。

コート、ゴールサイズやボールは一般のフットサルと同じ規格のものを使用します。また、ルールについてもほとんどが一般のものをベースに行います。通常はコート上にて5人でプレーしますが、女性がコートに入る場合は、最大6名でのプレーが可能となります。

自由に、何回もコートに入ったり出たりできるところが魅力的で、全国各地で盛んに大会が開催されています。

全国大会レベルになると、巧みなボールさばきや豪快なシュート、また、ゴレイロ(ゴールキーパー)の素晴らしいセービングが見られます。

競技会場・競技日程

開催日・会場

開催日 会場
平成25年10月6日(日) 明治学院大学白金キャンパスパレットゾーン白金

選手の障害区分(実施:○、条件付実施:△、実施無し:- )

肢体 視覚 聴覚 内部 知的 精神
- - - - -

問合せ先

実施団体名 連絡先 受付時間
精神障害者地域生活支援とうきょう会議 e-mail:ichokikaku@msa.biglobe.ne.jp 9:00~18:00

ページトップへ

スポーツ祭東京2013実行委員会事務局

〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 オリンピック・パラリンピック準備局 スポーツ推進部内
TEL:03-5388-2497 FAX:03-5388-1251

© 2010 Sports Festival in Tokyo 2013 Executive Committee. All rights reserved.