本文へジャンプ

トップページ > 実施競技の紹介 > 第13回全国障害者スポーツ大会 > オープン競技 > 手のひら健康バレー

手のひら健康バレー

オープン競技一覧へ戻る

概要

手のひら健康バレー

身体障害(肢体不自由、聴覚障害)、知的障害のある選手が出場します。

ネットを挟んで3人ずつ椅子に座ります。この相対する計6人が一つのチームとなり、他のコートのチームとボールを手のひらに当てて、何回ラリーが続いたかの回数を競います。

ネットの高さ1.2m、ネットの大きさ3m、椅子6脚、使用するボールは20gの軽量ボールです。

競技は、3種目あり、①3セットマッチ競技で、1回で反対コートに返し、何回続いたかを競うもの。②時間制限を設け、1回で反対コートに返さなくても、床に落ちても、何回触っても良いが、決められた時間内でネットを越えた数を競うもの。③連続で7回、試技を行い、その中での最高継続回数を競い合うものがあります。

ルールは、競技を安全に進めるため、椅子から腰を浮かしたら反則になります。取れないボールは、あきらめるのがこの競技の精神です。

ボールは、20gと軽く、手のひらに当てただけで、風船のように上がっていきます。ボールはゆっくり落ちてくるので、ラリーが続き、どなたでも楽しむことができます。

競技会場・競技日程

開催日・会場

開催日 会場
平成25年10月10日(木) 郷土の森総合体育館

選手の障害区分(実施:○、条件付実施:△、実施無し:- )

肢体 視覚 聴覚 内部 知的 精神
- - -

問合せ先

実施団体名 連絡先 受付時間
東京都手のひら健康
バレー協会
TEL:0120-48-1180
FAX:0120-48-1492
24h

ページトップへ

スポーツ祭東京2013実行委員会事務局

〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 オリンピック・パラリンピック準備局 スポーツ推進部内
TEL:03-5388-2497 FAX:03-5388-1251

© 2010 Sports Festival in Tokyo 2013 Executive Committee. All rights reserved.