本文へジャンプ

トップページ > 実施競技の紹介 > 第13回全国障害者スポーツ大会 > 正式競技 > 陸上競技

陸上競技

正式競技へ戻る

概要

陸上競技

身体障害のある選手と知的障害のある選手が出場する競技です。

一般的な100m走や走高跳、砲丸投などのほか、全国障害者スポーツ大会特有の種目を設け、障害の程度に合わせてルールや用具を工夫するなどして、競走8種目、跳躍3種目、投てき4種目の全15種目が行われます。競技は、原則として男女別、年齢別、障害区分別に行われ、特に障害区分は、障害の種類や程度等競技力以外での要素による不公平をなくすため、29もの区分に細かく分かれています。

全国障害者スポーツ大会特有の種目としては、車椅子や電動車椅子で全長30mのコースに置かれた、赤白の旗門を前進、後進等しながら通過し、タイムを競う「スラローム」、ルールはやり投と同じですが、やりの代わりにターボジャブと呼ばれるポリエチレン製の長さ約70cm、重さ300gの用具を投げて、飛距離を競う「ジャベリックスロー」、12cm四方の袋に大豆を150g入れたものを投げて(足に乗せて蹴り出すなど、投げ方は自由)、その飛距離を競う「ビーンバッグ投」、視覚障害のある選手が、ゴールライン後方からのハンドマイクの音を頼りに走る50m走などがあります。車椅子使用者の競走競技では、「レーサー」と呼ばれる競技専用の車椅子を使用して行なわれるものもあります。

複数の種目が同時に行われるため、1つの会場でいくつもの競技が楽しめます。

ぎふ大会で、東京都選手団は金メダル46個、銀メダル29個、銅メダル20個、計95個のメダルを獲得しました。

競技会場・競技日程

区市町村 種別等 競技日程 競技会場施設
調布市 身・知 10月12日(土)~14日(月) 味の素スタジアム

ページトップへ

スポーツ祭東京2013実行委員会事務局

〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 オリンピック・パラリンピック準備局 スポーツ推進部内
TEL:03-5388-2497 FAX:03-5388-1251

© 2010 Sports Festival in Tokyo 2013 Executive Committee. All rights reserved.