本文へジャンプ

トップページ > 実施競技の紹介 > 第13回全国障害者スポーツ大会 > 正式競技 > バレーボール

バレーボール

正式競技へ戻る

概要

バレーボール

身体(聴覚)障害、知的障害、精神障害のある選手が出場します。1セット25点のラリーポイント制で、3セットマッチです。

身体(聴覚)障害、知的障害のある選手については、6人制バレーボールとほぼ同じルールで、男女別に競技を行います。

精神障害のある選手については、6人制バレーボールとほぼ同じルールですが、ソフトバレーボール球を使用します。男女混合でチームを編成し、女性選手が常時1名以上出場している必要があります。

知的障害者の部では通常よりもネットの高さが低くなっています。

サーブやレシーブ、スパイクなどの動きの俊敏さ、迫力、チームワークから生み出される、流れるようなプレーの数々が魅力です

ぎふ大会では、東京都チームが、聴覚障害者の部(男子)で優勝、知的障害者の部(女子)で見事優勝しました。知的障害者の部(男子)と知的障害者の部(女子)は優勝しました。知的障害者(女子)については、第4回大会以来優勝を続けており、引き続き連覇が期待されます。

競技会場・競技日程

区市町村 種別等 競技日程 競技会場施設
渋谷区 身・知・精 10月12日(土)~14日(月) 国立代々木競技場第一体育館・第二体育館

ページトップへ

スポーツ祭東京2013実行委員会事務局

〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 オリンピック・パラリンピック準備局 スポーツ推進部内
TEL:03-5388-2497 FAX:03-5388-1251

© 2010 Sports Festival in Tokyo 2013 Executive Committee. All rights reserved.